いまや国民1人につき3枚も持っている

MENU

いまや国民1人につき3枚も持っている

現金を持っていなくともショッピングが楽しめる「クレジットカード」は、いまや国民1人につき3枚も持っていると言われています。

 

1人で5〜6枚もの数を所持している方も多く、クレジットカードはいまや国民的な存在となっているのです。なかなか手が届かなかった高価な商品をカード1枚で手軽に入手できてしまうため、限度額いっぱいまで購入、または借金してしまうという計画性に欠けた方もいらっしゃいます。

 

カードを発行している会社では、返済能力に疑いのある方をあらかじめ避けられるよう、事前に「審査」を行って選別をしています。

 

すでに大きな借金がある方や、複数の消費者金融から融資を受けている方など、返済能力に問題のある方は審査を通過することなくカード作成を断られてしまいます。各企業ではカードを申込む際に記入した書類をもとに、個人情報信用機関でスコアリングをおこないます。

 

 

借金の履歴などはすべてそこに記録されているので、虚偽の記載などはすぐにバレてしまいます。

 

虚偽報告を行ったことが知られると「信用性にかける人物」として視点がシビアになっていまいます。現在の債務状況などを嘘偽りなく記載し、社会的信用に欠ける行為は避けましょう。

 

これとは逆に、カード審査に通りやすくなるための条件というものも存在します。それは「会社での勤続年数」です。

 

何十年と勤務している実態があれば「信頼性」が増し、また滞納や延滞などの金銭トラブルを起こしづらい環境にあると言えるのです。

 

長期間勤務してきた会社に借金滞納の事実がバレてしまうと、何かと都合が悪いからです。

 

家庭を持っている方も同様で、簡単に夜逃げなどができない環境にあるとみなされます。

 

現在勤務している会社の勤続年数が長ければ長いほど信用される傾向にあるので、できれば勤続年数が1年を経過してから、新規でカードを申込むよう心がけましょう。クレジットカードは、社会的信用とともに得られるカード、と思っておいたほうが良いでしょう。

 

【おすすめページ】会社設立後の自己資金額